間接的クレジットカード使用の方法は簡単です。カードで直で支払えない物品を直で購入するという方法ではなく、遠まわしに使って買い取りしたらよりよいでしょう。説明が簡素というわけで、ギフト券の例を駆使して述べてみたいと思っています。とある人物が有名なカバンを欲しいと迷ってじっとしています。欲しがっている一流のカバンを売りに出している所ではクレジットカードで取引することが認められません。しかしVISA、MasterCard、Diners clubなどの券によってなら購入を承諾してくれるようなのです。ですのでモデルとなる人物はクレジットカードで券を買い取りして金券カード販売店に行きクレジットを活用してMasterCard、Diners clubなどの金券を注文してみます。そして駆使したクレジットを用いて買ったAmerican Express、NICOSなどのギフトカードを店舗に携えて訪ね買いたかった価値のあるバックを購入したとします。「一体なんで商品券で購入した若者はそういった面倒な方法をしてるの?」と考えるのかもしれませんが、実のところ上記で述べたプロセスを使うと本来ならもらえる事がなかったクレジットポイントがもらえます。普通、キャッシュを払って高価なコートを取り寄せしたりした場合でもカードローンポイントは獲得できませんしDiners clubなどのギフトカードを即金で発注して使用してもクレジットポイントは手に入れられません。ところが今話した場合だとVISA、Diners clubなどの金券をカードで買ったという根拠により、素晴らしいバックを購入したときとつりあう分のクレジットカードポイントがもらえるのです。こういうケースが段階を踏んでカードローンを用いた状態になるので、直接でないクレジットと言われる手順です。