自動車での事故は己だけの事故と他人を巻き込む自動車の事故があります。自分だけで起こした事故のケースでは自分自身が事故の処理をしてしまえば完了となりますが、他者が関わった車での事故はどちらにどれくらい不注意があるのかを分析しその結果によって愛車の修復費や示談金の金額等が決まりますので、保険屋さんの担当の人を交えての話し合いが欠かすことが出来ません。大多数の車での事故の場合相手だけでなく自分にも少しは間違いがある場合が多数でどちらか一方だけの過失が問われるという状況は多くないようです。当然の事ですが信号を無視してしまったり一時停止でもそのまま進んだのような違反があって起こった事故ならとても大きな過失なりますが、被害者にも責任があると指摘されます。事故の際にはどの車の責任が原因で起きたのかという決着が物凄く焦点になりますのでこれをみんなに分かりやすく表したものが過失割合となります。例をあげるなら、赤信号無視や一時停止で止まらなかった場合であれば、法律の規則上相手に全ての落ち度があるように思いがちですが事故を起こした車が前の方から来ていて見て確認された状態であれば被害者だったとしても注意が足りないと1割ほどの手落ちがあると判断される可能性は0ではありません。つまりこの場合は加害者が9割事故に巻き込まれた自分が1割割合となってしまい数字が大きいとそれなりの手落ちが問われる事になるのです。車での事故の割合それまでの事故の判例を元に結論付けられる時が往々にしてあり、日弁連の交通事故相談センターから公表されている基準表となるものが元として利用されます。この過失の割り当てが大きいほど落ち度結果として賠償すべき金額も大きくなりますから、交渉は事故に関わった人だけでなく保険の担当と一緒にちゃんと交渉することが不可欠です。