フリーローンをすると、毎月指示された期日に銀行口座などから自動の引き落としにて支払いがなされていくようになっています。テレビ等のCMで現金自動支払機から時を構わず支払いというのができると言及されているのですが、それというのは月々の弁済というもの以外に別に支払いする事例のに関してを言っているのです。斯様なものを前倒し支払いというふうに言って、残金総額に関してを出す支払を全額繰り上げ支払い一部を支払いするような事を一部金繰上支払いと呼んでいます。どういう事かと言うと一時所得などによって経済的に精神的余裕というのが存在時は現金自動支払機からや銀行振込等により一部ないしトータルについてを返済することが出来るのです。かつこうしたことだけでなく一括返済にはメリットというものが多くあり、弱点といったものはないのです。これのメリットとは、別途で返済することにより元金自体について軽減することが可能ですので弁済回数が少なくなり、利子というのも削減することができ支払全額自体を圧縮可能ですので、一石二鳥な支払形式なのです。ですが忠告しておきたいのは何時繰り上げ返済するかについてです。会社は弁済日時とは他に〆がというようなものがあるのです。仮に月の真ん中が締め日であったとして翌月10日の支払いだと仮定しますと月中から以降は次月分の金利というようなものを合計した支払い額になってしまったりするのです。これは月中以降に早期支払した場合でも次月分の支払額といったものは決まっていますのでその期間に繰り上げ弁済した場合でも明くる月の返済額には何も影響がありません。繰り上げ返済というのが即座に作用を表象する為には、支払い日時の次の日から次の締め日の来る前までに前倒し支払する必要があったりするのです。なおそんな時の利息の金額というのはごくごく少額ですみます。それくらい眼中にないという場合には、適時自由に早期返済してもいいと思います。ただし少しでも節減したいと勘案する方は、返済期日から〆め日までのタイミングで早期弁済するべきです。