自動車事故に遭った状態で、車の事故の被害者のケースでも、先方がミスをこれっぽちも納得しないという事例は存在します。

一例として、しようとしてではなく注意不足で車を追突した時などに、こうした争いになる状況があるのです。

そうであっても、その場所で車だけの物損処理されて何ヶ月か後に自覚症状が現れた際に、医師に作成してもらった診断書警察署に出すということは対応が遅れる感は仕方がなくなります。

そうであるなら交通事故の過失割合の結論にはどのような認定基準が決められているのでしょうか。

厳密に言うと警察署が確定するのは、主に車での事故の大きなミスが存在するのは関係したドライバーのどちらかという責任の有無であり、「過失割合」ということではありません。

その上、最終的に明確にされた事故の過失があった人が警察署から公表される事態は全くありません。

過失割合は事故当事者の調整の結果で決定され、この結果が自動車事故の賠償の算定の根拠になります。

この場面で、互いが自動車任意保険に入っていない場合には、互いが直接相談するしかありません。

けれども、当然の事ですがこの交渉では、感情に走った言い合いになる状況が高いです。

さらに、互いの主張が食い違えば下手をすると、係争に入りますが、これでは年月とお金の甚大なロスを避ける事ができません。

そんな分けで多くの場合、お互いの人に付随する自動車の保険会社、こういった両方の自動車の保険会社に相談を頼む策を利用して、正しい割合を丁寧に決定させます。

この場合、自動車保険の会社は、それまでに起こった車の事故の裁判が行われ、出た判断から算出した認定基準、判例集等をたたき台として、想定と調整によって過失割合を決定します。

と言いつつも、事故の例では、遭遇したのか起こしてしまったのかの如何を問わず最初に警察に電話するのが原則です。

その上で自動車の保険会社にやり取りして、その先の協議を任せるのが順序になります。

正しい手続きさえ分かっていれば双方の無駄な協議への展開を未然に防止できるに違いありません。